カップル

相手に求めるばかりの恋愛をしているあなたへ

恋をしていると日々の生活がより楽しく華やぐ!と思っていたのに彼氏がいたらいたで悩みが尽きない…という人は意外と多いのではないでしょうか?

連絡、会う頻度、嫉妬、将来について…様々な問題が出てきてはあなたの頭を悩ませているかもしれません。

しかしそういった悩みは全て”相手に求めているから”生まれるものであり、そのことを知って考え方を変えていけば驚くくらいに気持ちも穏やかになって恋愛も上手くいくようになります。

そこで今回は「相手に求めるばかりの恋愛をしているあなたへ」アドバイスをお届けします。

”愛”と”要求”のはき違えに要注意!

恋愛において最も危険なのが「本当に好きならこうしてくれるはず」という考えです。

好きなら会いたいと思うはず。好きなら忙しくても連絡するはず。好きなら彼女を不安にさせないはず。好きなら愛してるって言ってくれるはず。好きならお金も遣うはず。

ほとんどの人がそういった価値観を持っているため、世の中全体としても「好きならこうするはず理論」が出来上がっています。そしてその定義から外れると「愛されてない」「遊びかも」と不安になったり、まわりからそう言われたりします。

しかし、この思い込みこそが恋愛を難しくしているのです。

そもそも好きなら行動に起こすはず、態度に出すはず、という価値観自体が相手主体になってしまっています。無意識のうちに「好きならこうしてくれるよね?」と相手に求めているのです。

しかし相手に求めた結果得たものは、愛ではなく、あなたからの一方的な要求が叶えられたに過ぎません。

「好きって言って」「毎日連絡したい」「なんでデートに誘ってくれないの」「ずっと一緒にいたくないの?」

実際に言葉にしようが心の中で思っているだけであろうが、相手に求める姿勢を持っている時点でそれはもう単なる要求になってしまっています。

まずはあなたの中で凝り固まった「好きならこうする理論」を打ち砕くことから始めましょう。

”好きならこう”なんていう方程式も正解もありません。

相手に期待することは自分のエゴ

相手に求めるというのは、相手に期待しているということです。

好きならこうするはずという考え方もそうですが、相手の自分への愛情に期待したうえで物事を判断しています。

誕生日プレゼントをもらった→思っていたより安いものだった→私への気持ちはこんなもんなの?→「誕生日という特別な日だから頑張ってくれる」という期待

旅行に行きたい→忙しいと断られた→一緒に色んなところ行きたくないの?→「一緒に旅行に行きたいと思っているなら休み取ってくれる」という期待

そろそろ付き合って3年→結婚の話が全くでない→私と結婚する気ないの?→「ずっと一緒にいたいと思っているならそろそろプロポーズしてきてもいいのでは」という期待

相手に期待しているから、その期待を裏切られるとがっかりしたり愛情を疑ってしまったりするのです。

しかし、期待というのは自分自身のエゴ以外の何物でもありません。自分で勝手に作りだして勝手に裏切られたと傷ついているだけです。

とは言うものの、他人に期待をしないというのはとても難しいことです。

こうしてほしいという願望も、こうしてくれたらという期待も、完全に拭い去るのは悟りの境地にならない限りは無理でしょう。

ただ、自分自身の意識を変えることはできます。

怒りや悲しみを覚えたとき、その原因となるのは自分の期待ではなかったか?期待が原因だと気付けたのであれば、そう考えないように意識するだけで同じ傷を受けることはなくなります。

求めないことで自分が楽になる

相手に求めない姿勢を持つことも、相手への期待を捨てることも、相手への気遣いという意味はもちろんですが、結局はあなた自身に平和をもたらすためです。

期待して求めるからそうならなかった時に傷つき、悲しむのです。求めることをやめることで、とても楽になるはずです。

勘違いしてはいけないのは、期待をしないことと相手を信用しないことは違います。

逆に、相手に期待をしないということは全面的に相手を信用するということです。

例えば、彼にあなたの誕生日を忘れられていてお祝いをしてもらえなかったとしましょう。

好きならこうする理論を持って期待していると、「誕生日なにくれるのかなー楽しみだなー。あれ…忘れられてる…好きなら覚えているはず。好きなら祝うはず。好きならプレゼントを選ぶのにも悩んでくれるはず。じゃあ彼は私への愛情がないんだ…私のことなんてどうでもいいんだ…うわーーーーー!!!ばかーーーーー!!」と爆発してしまいます。

しかし相手に期待をしていなければ、「あれ?忘れてるんですけど!まぁ彼は私のこと好きだから日々一緒にいるんだし、ただの1日くらい別にいっか。」と思うことができます。

これは諦めではなく、受け入れです。

ただ、彼に祝ってもらうことを心から願っているけど無理矢理自分に言い聞かせるという場合は逆効果です。なぜならそれは自分の望みを諦めているだけになってしまうから。

好きな人と一緒にいて、好きな人に想ってもらえる奇跡を感じることができれば、プレゼントや連絡なんて自然とどうでもいいと思える問題になります。

そう思えるようになるには時間はかかるかもしれませんが、相手に求めない思考はトレーニングをすれば必ず身に付きます。

プレゼントをくれない彼氏!愛されていないの?もうすぐクリスマスですね。 クリスマスや誕生日など、イベント時に彼氏からプレゼントは何をもらえるのかと楽しみにしている女性も少なくない...

アドバイス

相手に求めない思考はそう簡単に習得できるものではありません。

やっぱり「なんでこうしてくれないの」と怒りを覚えることもあるし、「なんでわかってくれないんだろう」と悲しくなることだってたくさんあります。

ただ、最初は自分に言い聞かせていただけだとしても、本当に自分の考え方が変わってくれば自然と相手への期待は消えていきます。

そのためには自分を幸せにできるのは自分だけであると自覚すること、また、自分の考え方次第で人生はどうにでも変えることができると知ることです。

「好きならこうするはず」というのは自分の基準であり、それがあなたの好きな人にも当てはまるかどうかは分かりません。

自分のものさしだけで相手をはかることは、結局は自分の幸せを自分でせばめてしまっているのと同じことです。

思い込みは振り払い、自分自身で幸せを求めにいくのです。

30代からの恋愛の仕方について!失敗しないための進め方とは?学生の頃と違って30代ともなると恋愛への考え方や進め方も変わってくることでしょう。 一人でいることが楽しい人もいれば、焦り始める人もい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です