カップル

プレゼントをくれない彼氏!愛されていないの?

もうすぐクリスマスですね。

クリスマスや誕生日など、イベント時に彼氏からプレゼントは何をもらえるのかと楽しみにしている女性も少なくないでしょう。

そして楽しみにしている分、プレゼントをもらえないと「どうして…」「私のことどうでもいいの…」と落ち込んでしまう人も。

そこで今回は「プレゼントをくれない彼氏!愛されていないの?」という女性の悲痛な叫びについて、解決策をみていきましょう。

「プレゼント=愛情」は女性の感覚

女性は言葉であったり物であったり、直接的に感じることができるものに相手の気持ちを見出す傾向にあります。

「いくら遣ってくれた」「プレゼントをくれる」「マメに連絡をくれる」「いつも好きって言ってくれる」そういったことで男性からの愛情を量りがちです。

確かに、全く興味のない相手にお金を遣ったり、甘い言葉を囁いたりするような男性は少数であるというのは事実です。(それができる思わせぶりな生粋の遊び人ももちろんいます。)

しかし、「そういったことをしない=相手に愛情がない」というのは女性の感覚であり、男性はそんなつもりはありません。

プレゼントをあげないから大切に想っていないということでも、連絡しないから興味がないということでも、好きって言わないから好きではないということでもないのです。

目に見えるもの、形に残るもの、耳で聞くもの、そういったもので相手の愛情を量るくせがついていると、自分で勝手に「興味ないんだ…」「どうでもいいんだ…」と解釈して落ち込むことになり、あなたが疲れてしまいます。

今まで持っていた考えや感覚を変えるのは簡単なことではありませんが、「男性にとってプレゼントは必ずしも気持ちを表すものではない」ということを少しずつ理解するように努めていきましょう。

男性はイベントに重点を置いていない

そもそも男性は女性ほどイベントに興味を持っていません。

「イベントはカップルで過ごすもの」「誕生日にはお祝いを」と強く考える女性に引っ張られて、「もうすぐ彼女の誕生日だからお祝いしなきゃ」とか「クリスマスプレゼントあげなきゃ」と思っていますが、本来は関心のない男性がほとんどと言っても過言ではないでしょう。

友達の誕生日をきっちり覚えていて毎年欠かさず「お誕生日おめでとう」という連絡をしたり、クリスマスに予定がないからといって男友達で集まるような男性もいますが、そういったイベント重視型の男性は少数派です。

特に30代以降などの大人の男性にとっては日々の仕事や日常の方が優先であり、イベントへの関心はより一層薄くなっていきます。

今まで女性とお付き合いをしてきたなかで、「こうしたら女性が喜ぶ」「こうしないと彼女が怒る」などという経験を経てイベント時にプレゼントをしたりサプライズをすることが自然とできる男性もいるでしょう。

しかしこういった男性は、本人が「そうしたい」というよりも、経験からそういう風にするのが当たり前になっていると言った方が正しいでしょう。

男性がイベント事に重きを置いたりプレゼントを重視したりするのは、今までの彼女の影響か、元々女性的な感覚を持っている人です。

多くの男性は基本的にはイベントに興味を持っていませんので、イベントにおける男女の温度差を自覚することも大切です。

希望は言わなきゃ伝わらない

イベント大好きな彼女とイベントに興味のない彼氏がもうすぐ初めて一緒に過ごすクリスマスを迎えるとします。

女性は「もうすぐクリスマスだけど何くれるのかなー彼には何あげようかなー」とわくわくしています。

一方の男性は今までもあまり彼女とイベントを過ごしたことがなく、特別クリスマスを意識していません。

そして迎えた当日。心なしかドレスアップしている彼女と普段着の彼氏。

彼女(心の声)「えっ彼ジーパンじゃん。今日どこ行くつもりだろう…」

彼氏「どこいこっか?何か食べたいものある?」

彼女(心の声)「えっクリスマスなのに予約してないの…」

彼氏「ここ空いてるからここでいっか」

彼女「う、うん…」

-食事後-

彼女「○○くん!これ、クリスマスプレゼント!」

彼氏「えっありがとう!ごめん、俺なんも持ってきてないや。」

彼女(心の声)「えっレストランも予約してないしプレゼントもないなんてありえない!やる気なさすぎ!クリスマスなのになんなの!気が利かなすぎる!もう無理!別れる!!!!」

このような例は意外と起こりうる事態です。

こういった例を見て「うわーこの男ないわー彼女も愛されてなくてかわいそー」と感じる女性もいるかもしれませんが、この彼氏は彼女を愛していないわけでも気が利かないわけでもなく、クリスマスを特別と思っていなかっただけなのです。

逆に言えば彼女が勝手に「クリスマスだから」と期待していただけです

クリスマスはこういう風に過ごしたいという理想があるのであれば、「食事はここに行きたい」「プレゼント交換しよう」と事前に彼にお願いすればいい話です。

勝手に期待するから勝手に裏切られた気になって落ち込むのです。

希望は言わなければ相手に伝わりません。

「言わなくても察してほしい」「私の理想のプランを立ててほしい」なんていうのは無理な注文です。

してほしいこと、したいこと、ほしいものがあるなら積極的に伝えていきましょう。

アドバイス

「クリスマス彼氏になにもらったの?」「誕生日どう過ごすの?」「えー彼氏プレゼントくれなかったの!?」といった女子トークが、女性のイベント重視欲に火を注ぎます。

女性は他者と自分を比較する人が多いため、「まわりに愛されていると思われたい」という願望も大きくなります。

他人への見栄、自分の満足感・充実感のために自分自身が振り回されるのはやめましょう。

プレゼントなんておまけです。

一緒に時間を過ごせればそれでいい。

そんなシンプルな考え方をしてみませんか?

相手に求めるばかりの恋愛をしているあなたへ恋をしていると日々の生活がより楽しく華やぐ!と思っていたのに彼氏がいたらいたで悩みが尽きない…という人は意外と多いのではないでしょうか?...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です