恋愛心理

いい男は結婚してる?「いい人=誰かのもの」という思考はやめるべき!

「いいなと思う人はみんな結婚しているか彼女がいる」と愚痴をこぼす女性を多く見てきました。

素敵だと思った人に相手がいると知った時の絶望感たるや…あなたが嘆いてしまう気持ちも痛いほど分かります。

しかし、実はこの考え方こそがいい人と恋愛することから遠ざかっている理由であると言っても過言ではありません。

そこで今回は、「いい男は誰かのものという思考はやめるべき!」というテーマについて詳しくみていきましょう。

「相手がいる=需要がある」という思考の落とし穴

「いい人には彼女か奥さんがいる」という方程式が成立するとなると、そこから「相手がいる人=需要がある人」という結論が導き出されます。

しかしその理論でいくと、彼氏がいないあなたには需要がないということでしょうか?

「そんなことない!いい人がいないだけ」「今は出会いがないだけ」といった反論が聞こえてきそうですが、その通りです。

そんなことありません。

しかし、いい人はすでに誰かに売却されているという考えを持つということは、無意識のうちにシングルである自分の価値をも否定していることになります

出会いがないとか、気持ちが動かされる人に出会えないとか、仕事が忙しいとか、今は恋愛したいと思っていないとか、好きな人にずっと片思いしているとか、今現在特定の相手がいない理由は人によって様々です。

「いい人=相手がいる」という考えは、こういった様々な理由で恋愛していない状況を、「相手がいない=需要がない」と決めつけているようなものです。

もちろん素敵な人は他の人からも素敵と思われるのは当たり前のことです。イケメンや美女はモテますし、ライバルが多いのは事実です。

しかし、モテることとパートナーがいることはイコールではないし、パートナーがいることと需要があることもイコールではありません。

カップルや夫婦はお互いがお互いに惹かれたから一緒にいるのであって、他の人よりも優れているから相手がいるわけではありません。

彼女がいなかったり、未婚者でも素敵な人はたくさんいますし、逆に性格終わってるなーと思うけど結婚している人だって腐るほどいます。

いい人はある程度の年齢になったら他の人に取られているなんていう考えをもつことは、自らの視野と選択肢をせばめているだけです。

まずはこのフィルターを取り除くことからはじめましょう。

「隣の芝生は青い」現象に注意!

人は、誰か他の人からの保証や後押しがあると、その対象をいいものに思う傾向にあります。

何かを買うときにまずは口コミをチェックして評価を確認したり、好きな人ができたら友人にその人について意見を聞いたり。なにか物事を決断するときに、他の人のお墨付きがあると安心します。

いい人には彼女や奥さんがいると考えるのにも、実はこの心理が働いています。

「その人には、誰かに選ばれるだけの理由があるんだ」と感じ、それによってその人がよりよく見えるのです。

よく「40代にもなってバツのひとつもついていない人は何か問題がある。むしろバツイチの方が安心する」などと言う人がいますよね?

これこそ、誰かに選ばれたことのある人だから安心という考え方の象徴です。

縁がなくて結婚歴がなかっただけかもしれない人よりも、結局は上手くいかなかったという事実があっても一度は誰かのものになった人の方が安心されるというのは不思議ではありますが、いい人には彼女や奥さんがいるという思考の持ち主にとっては、それほど誰かが欲したという事実が大きな影響を与えているということです。

しかし、これは所詮、「隣の芝は青い」だけです。

その彼女や奥さんが幸せかなんてわかりません。今は相手がいたってその人とずっと上手くいくかもわかりません。

誰かにとっていい人が、あなたにとってもいい人とは限りません。

恋愛に限ったことではありませんが、物事の良し悪しを判断するのに、他の人の評価に頼りすぎてしまわぬよう要注意です。

絶対年上至上主義になっていませんか?

いい人には相手がいると言う人に限って、絶対年上至上主義の人が多いです。年齢が上がれば上がるほど、結婚している率も上がるのは当たり前ですよね。

年齢を重ねれば落ち着きも増すでしょうし、色々なことも経験しているでしょうが、年上だから必ずしも成熟しているとは限りません。にもかかわらず、「年下は無理。絶対年上がいい」という女性は少なくありません。

「過去に年下と付き合って上手くいかなかった」とか「弟がいるから恋愛対象に見れない」とか「男性は精神年齢低いから」とか言いますが、どれだけの数の年下を見てそう判断したの?と問いただしてみたいものです。

いくら多くの男性と付き合ったり出会ったりしていようがこれまでの人生で自分が出会った男性の数なんて、たかだか知れています

そんなサンプリング数で年下より年上と自分の中で結論づけてしまう女性をみると、なんとも残念で哀れな気持ちになります。

人それぞれタイプがありますし、「年上の方がいい」という理想を持ったり、「年上の方が合うと思う」という分析をすることに全く問題はありません。

ただ、「年下は絶対無理、合わない」と決めつけることは、自分の可能性をも閉ざしてしまっていることに気付くべきでしょう。

若くても年上の人よりたくさんの経験をしている人だっています。逆に、年齢を重ねていたってただ人生経験が豊富なだけで何も学んでいない人だっています。

年齢はその人の経験値や魅力を量るものさしにはならないのです。

「絶対年上じゃなきゃ無理!」と思っている女性は、一度その殻を破ってみると新しい扉が開けるかもしれません。

おわりに

イケメンで仕事もできて背も高くてお金も持っている男性。

見た目もいまいちでお金もそんなに持っていないし特に特徴のない男性。

前者の方が相手がいる確率が高いという事実を否定するつもりはありません。

ここで言いたいのは、前者の方が多くの人の目をひくとしても、もしかしたらあなたにとっては後者の彼が運命の人かもしれない可能性もあるということです。

他の人が魅力的に感じることが必ずしもあなたにとっても魅力的とは限りません。

「多くの人がいいと思う=いいもの」という判断基準は捨て去りましょう。

彼女がいなくたって、奥さんがいなくたって、素敵な人はたくさんいます。

「やっぱりいい人には相手がいるんだよなー」なんて文句を言っている間に、出会うべき運命の人が目の前をさらーっと通過していた、なんてことがあってはもったいなさすぎます。

自分のものさしで決めつけずに視野も考え方も広げたら、新たな幸せの可能性が見えてくるかもしれませんよ!

彼氏という存在に依存している女性が不幸な理由「彼氏いるの?」という質問に対して「いる」と答える瞬間であったり、女子トークで「彼氏ほしい」という話になったときに「私は彼氏いるから」と...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です