恋愛心理

恋愛に妥協は必要なのか?妥協してまで恋人をつくる意味とは?

恋愛や結婚に妥協は必要と考える人は少なくありません。

実際にまわりの人から「ちょっとは妥協しないと彼氏できないよ」「結婚には多少の妥協はつきものだよ」などというアドバイスをされた経験があるという人も少なくないのではないでしょうか。

果たして本当に恋愛や結婚に妥協は必要なのでしょうか?妥協して恋人をつくる意味とはなんなのでしょうか?

そこで今回は「恋愛に妥協は必要なのか?」についてみていきましょう。

妥協が必要と言う人は自分が妥協しただけ

恋愛や結婚に妥協が必要だと言う人は、自分自身が妥協しているからです。

例えば自分は連日残業しているのに同僚が毎日定時で帰っていたら不満を感じる人が多いように、私は妥協しているんだからあなたも妥協するのが当たり前でしょという思考になっているのです。

しかし本来定時で帰るのは当然の権利ですし、まわりが残業しているからといってそれに付き合う必要はありません。(関係を円滑にするために付き合うのがマナーであると大半の日本人は考えると思いますが)

これはほんの一例ですが、このように無意識のうちに自分が我慢している分を相手にも強要しているということは珍しいことではありません。

仕事でも恋愛でも人生でも、自分がしている苦労はまわりもするのが当たり前という世の中の風潮が私たちの決断に迷いをもたらしているのです。

そして、世の中には仕事・恋愛・人生において妥協をしている人がほとんどと言っても過言ではありません。

仕事に行きたくないけど生活のために働く。好きじゃないけど結婚したいから付き合っている。離婚したいけど子どもがいるから別れられない。そんな風に妥協して生きている人で溢れています。

だからこそ多くの人が「妥協が必要だ」と口にします。

そんな他人の基準に惑わされず、私たちはもっと極限まで自分の幸せを追い求め続けてもいいと思うのです。

「○○だから」は自分からの逃げ

「もう30歳だから」「可愛くないから」「モテないから」「出会いがないから」

こういった言い訳は、自分からの逃げ以外の何物でもありません。

自分で自分の価値を認められなければ他人が認めてくれるはずなんてありません。

容姿が優れていなくても、スタイルがよくなくても、年齢を重ねていても、自分に自信がある人は素敵に見えるし、欲しいものを手に入れています。

「もう○歳なんだから現実見て妥協した方がいいよ」「絶世の美女じゃないんだから理想下げないと」「出会いなんて年々減るんだからこの辺で手を打っておかないと」と年齢や容姿、能力を理由に相手に求めるハードルを下げるよう助言してくる人は多いですが、本当に自分が求めることに関しては諦める必要なんてないと思うのです。

最終的に望むものを手に入れられなかったとしても、それはあなたが全力で追い求めた結果です。そこそこで妥協して手を打つよりも、全力で追い求め続けた人生はもっと幸せでしょう。

もちろん「絶対に1年以内に恋人がほしい」とか「○歳までに結婚・出産したい」という明確な目標があって、それを達成するためにどうしても諦めなければいけないものが出てくる可能性もあります。

しかしその場合はあくまで自分が一番求めている恋人や結婚を得るための犠牲であり、想いを妥協することとは違います。

あなたが一番に求めることは何なのか?そのために何をすべきなのか?

自分自身に言い訳をして妥協という方向に逃げるのではなく、計画性を持ちつつどこまでも理想を追い求めていけばいいのです。

本当に一緒にいたい相手には妥協という概念がない

心から「この人と一緒にいたい」と感じる相手に出会うと、相手に対して妥協するという概念がなくなります。

もちろんどんなに好きな相手であっても嫌なところはあるでしょうし、喧嘩もするでしょう。でも、あなたが本当に必要と感じる人なのであれば、そういった欠点さえも受け入れることができるはずです。

顔がタイプじゃなくても、経済力がなくても、好みが合わなくても、そんなマイナスの部分をも自然と受け入れてしまうほどに本能が求める相手というのはきっと私たち全員に存在します。

ただ、全員が全員その相手に巡り合えるかというと、正直それは難しいでしょう。むしろ、出会える方が少ないのかもしれません。

個人的には「本当に好きなら~」とか「本気なら~」という定義は嫌いですが、ただ、どうしようもなく心の底から求めてしまう相手というのは必ず存在すると思っています。

だから本来、あなたと一緒にいるべき相手というのは妥協して探した恋人ではありません。妥協なんていうことを考えなくても、嫌なところまでなぜだか受け入れられてしまう人です。

ただ先ほども述べた通り、そういった相手に出会うのはなかなか難しいことです。

そのため、世の中の人は「妥協も必要」と言うことで自分自身を納得させようとしているのかもしれません。

「この人が運命の人だ」と思っていても別れることもありますし、全然理想と違う相手があなたにとっての必要な人かもしれません。

正解は誰にも分からないのですから、「恋愛には妥協が必要なんだ」と構えすぎないことが大切です。

アドバイス

結論、恋愛や結婚に妥協なんか必要ではありません。

まわりの声や自分が引け目に感じていることを言い訳にしていては、望むものを手に入れることはできません。

人はもっと余計なことを考えずに自分の望むものだけを追い求めてもいいと思うのです。

ジャニーズレベルの顔面偏差値でも、年収1000万以上の経済力でも、絶対に自分が欲しいと思っているのであれば妥協する必要なんてありません。

でも実際は、そんな目先の条件なんて忘れてしまう程に心が求めてしまう人が、あなたにとって本当に必要な相手です。

そんな相手と、私たち全員が一緒にいられるようにと祈りをささげつつ、今回は終わりにしたいと思います。

とりあえず付き合うという選択肢はありなのか?「告白されたけど付き合うべきか迷う」「いい人だけどこの人と付き合えるか分からない」と自分の気持ちが固まらないときに、まわりの友人から「付...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です