デート

デート代の負担はどうするべき?奢ってもらう?割り勘?

付き合う前も付き合ってからも常に議題となるのがデート代金負担問題です。

女性にも奢ってほしい人と奢られたくない人がいますし、男性でも女性にはお財布を出させないという人と払ってほしいと思う人がいます。

人それぞれに価値観があって、なにが正しいという正解はありません。

それゆえに常に男女間における議論の課題としてトップに君臨し続けています。

そこで今回は「結局デート代の負担はどうするべきなのか?」についてみていきましょう。

まずは初回のデートで相手の感覚を掴む

「とりあえず初デートは絶対に奢る」「最初から奢るとそのあと請求できなくなるから少しは払ってもらう」「対等な関係でいたいから完全に割り勘」など、初デートの費用負担に関しても、男性の中で様々な考え方があります。

奢り=気がある、割り勘=気がないとはよく言われますが、これは関係ありません。

どんなに好きで付き合いたいと思っていたって相手の女性に請求する男性も多く存在しますし、負担する額で相手の気持ちの大きさや真剣度は量ることは出来ないと思った方がいいでしょう。

そもそも、男性がデート代金を奢る理由は「自分の印象を上げたいから」です。

「ケチだと思われたくない」「余裕があると思われたい」「男気を見せたい」という気持ちから奢っているのであり、実際払わなくてもいいならその方が助かると思っている男性がほとんどです。

「お金を払うことがかっこよさの基準ではない」「奢りかどうかで魅力を量る女性は求めていない」「相手によく思われたいという気持ちがなく、ありのままの姿を見せたい」「男性が払うのが当たり前と思っているから払っているだけ」というような男性は、奢ることで自分の印象を上げようという考えがないため、デート代の負担に関しては重要視をしていません。

デート代を負担するかどうかは、相手の男性の「お金を払うことで女性にどう思われると思っているか、どう思われたいか」という個人的考えの表れに過ぎません。

まずは初デートの支払で、デート相手の男性がどういった感覚を持っている人なのかを掴みましょう。

お互いが対価を払うべき

先ほども述べた通り、もはや一般論となっている「奢りかどうかで相手の気持ちを量る」というのは全くもって無意味なことです。

誤解しがちですが、相手によく思われたいという気持ちは、相手の女性に対する気持ちの大きさとは関係のないことです。

かっこつけたがる人は相手が狙っている女性であろうが後輩であろうが友達であろうが奢りたがる人が多いですし、相手にどう思われるかをあまり気にしない人はデート代の負担には論点を置きません。

そのため、デート代の負担割合によって相手の気持ちを量ったり、今後の関係を決めるという考え方は捨てた方があなたのためでもあります。

そんな小さな考え方をして運命の相手を逃してしまってはもったいなさすぎます。

そもそもデートというのは二人が同意をしたから成立したものであり、お互いが時間やお金など何かしらの対価を払うべきです。

男性に頼み込まれてしぶしぶ実現したデートということであればまた話は変わってきますが、お互いがデートをすることを了承したのであれば、一方だけに金銭的負担を強いるのはそれこそ相手のことを1mmも想っていない考えです。

お互いの意思があって成立したデートにおいては、男性側も女性側も相手にばかり求めすぎずお互いがGIVEする気持ちを持つことが大切です。

「割り勘だったんだけどありえない」とか「毎回奢ってくれるから愛されている」などといった偏った概念にとらわれず、支払に関してはあくまで個人的感覚の違いというだけで、お互いが一緒に過ごす時間においてはどちらも対価を払うのが本来の形であると言えるでしょう。

GIVEしたいと思える相手であるか?

初回のデートで相手の男性の支払に関する感覚を掴み、奢られようが奢られなかろうがそれは人間的価値を量るものさしにはなり得ないということを理解したら、あとはあなたが相手に対して「GIVEしたい」と思えるかどうかだけです。

相手の男性と一緒にいたいと感じているのであれば、お金を支払うことに対して抵抗はないはずです。

実際に、「付き合ってからは割り勘でもいい」という女性は少なくありません。

なぜなら彼氏と一緒にいる時間にはそれだけの価値があると感じているからです。

相手の男性に対して「奢りじゃないなんてありえない」と感じるということは、奢りじゃないのであれば一緒に時間を過ごす価値はない相手だと感じているということ。

高飛車のように聞こえますが別に批判されるべきことでもなく、その”彼”に対してはそう感じるというだけのことです。

そして、そう感じる相手と一緒にいる必要はありません。

色々な人とデートを重ねていけば、あなたが抵抗なく対価として何かしらをGIVEすることができる相手が見つかるはずです。

アドバイス

昔からデート代負担問題が議論の的になっているということは、それほど支払う額によって相手の気持ちが変わると思っている人が男女ともに多いということです。

そして、その議論の答えがいつまで経っても出ないということは、お互いがなんの抵抗もなくGIVEしたいと思える相手に出会うというのはとてつもなく低い確率だということなのかもしれません。

相手に支払われようが自分が支払おうがそんなことはどっちでもいいから会いたいと思える相手に出会う、それが1番の答えなのかもしれません。

男女のデート費用問題!奢りは脈あり?請求されたら脈なし?「デートに誘われたから行ったのに割り勘とかありえない」「6割出したくらいで奢った気にならないでほしい」「30代にもなってデート代奢らない...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です