恋愛心理

好きって何だっけ?恋愛ができないアラサー女性たちへ

年を重ねるごとに恋愛に対してどんどん慎重になって、気付けば「恋愛ってなんだっけ?」「好きってなんだっけ?」とぼやいているそこのあなた。

そんな風にいつしか恋愛から遠ざかってしまう女性は少なくありません。

今回は、そんな恋の仕方を忘れてしまった「恋愛できないアラサー女性たちへ」みていきましょう。

まだ見ぬ未来の「結婚」に縛られるな!

いわゆる結婚適齢期になると徐々にまわりの友人が結婚をしはじめ、嫌でも結婚という二文字が頭をチラつくようになります。

そして「次付き合う人は結婚を考えられる人がいい」と思うようになるのですが、この思いこそが恋愛から遠ざかってしまう最大の要因です。

もちろん、結婚したいのであれば結婚を考えられない人と付き合っても意味はありません。

しかし、この結婚を考えられる人」の定義が何なのかを自分でも分かっていない人が多いのです。

あなたの中で、結婚を考えられる人とはどんな人なのでしょうか?

年収、見た目、性格、身長、学歴、金銭感覚、恋愛経験、仕事の忙しさ、絶対に許せない点など、結婚相手として譲れない条件を一度紙に書きだしてみましょう。

詳しければ詳しいほど自分の理解を深める助けになります。誰に見られるわけでもないので、思いっきり自分の思う通りに書いてみてください。

そして、自分が結婚相手に求める条件をきちんと把握できたところで、相手を見極めるようにしましょう。

これができていないと、「この人と結婚考えられるかな?なんか違うかも」というふうに、明確な理由もないのになんとなく感覚で恋愛のチャンスを捨ててしまう可能性があります。

自分の中で絶対に譲れないポイントを把握すること、そしてそれ以外の点については相手をジャッジする判断材料にしないこと。

それだけで、あなたの可能性はぐんと広がります。

結婚相手や結婚に対する明確な指針を持っていれば、結婚を意識しすぎるあまり一歩踏み出せないという状況から抜け出すことができるでしょう。

とめどない理想の上昇にSTOPを!

30年近く生きていれば、今まで多くの男性に出会ってきたことでしょう。

学校、バイト、職場、趣味、友人の友人…たくさんの人に出会えば出会うほど、色々な人がいることを知ります。そしてタイプというのはその中で形成されていきます。

「こういう人いいなー」「こういう人は嫌だなー」と、たくさんの人を見てきた中であなたの理想が作り上げられていくのです。

出会う人の数が多いほど、人のいいところも悪いところもたくさん見ているため、必然的に理想も高くなっていきます。

例えば、同じ年齢であっても、今まで友だちも彼氏もあまりおらず部屋でひとり過ごすことが多かった人と、いわゆるパリピ寄りで適度に遊んできた人とでは、後者の方が理想は高いでしょう。実際に前者のような人は、初めて付き合った人とすぐに結婚を決断したりするものです。

どちらが正しくてどちらが幸せかは本人にしか分かりませんが、理想が高くなればなるほど該当する人が少なくなるのは当たり前のことです。

理想を持つことは全く悪いことではありませんしむしろ必要なことですが、気付けば理想がエベレスト並みに高くなっていた!なんてことのないように、定期的に自分の理想を見つめなおしてみるようにしましょう。

好きな気持ちは探すものではない

「好きってなんだっけ?」「付き合うってなんだっけ?」というセリフを何人の口から聞いたか分かりません。

「年齢的にそろそろ結婚考えなきゃ」→「ずっと一緒にいる相手だからきちんと選ばないと」→「相手に求める条件はこれ」→「この人はここはいいけどここはいや」→「あの人はここはちょっと気になるけど条件はいいかも」→「あれ?でも私あの人のこと好きなの?」→「え、ってか好きってなんだっけ?」

この思考のループに陥ってしまう女性の多いこと。

思い出してください!!

「走るの早いから○○くんが好き」と言っていた小学生時代を!!!

「なんか髪染めてて悪っぽいところが好き」という理由で人を好きになっていた中学生時代を!!!

本来は、好きになる理由なんてそんなもんでいいのです。

運動神経がいいからという理由で人を好きになる大人でもいいじゃないですか。

消しゴムに顔書いててなんかかわいいからという理由で人を好きになる大人でもいいじゃないですか。

好きになるのに考える必要はありません。深く考えすぎずに、ただ相手のよさを知ろうとするだけで十分です。

一旦、将来とか結婚とか自分の中で凝り固まっているものを忘れてみてはいかがでしょうか。

’好き’は探しても見つかるものではありません。

気付いたらあなたの心のポケットに入っているものです。

アドバイス

結局、恋愛できなくなってしまう原因は「将来を考えすぎているから」です。

どんなに完璧と思う人でも、死ぬまで仲良くやっていけるかなんて分かりません。事実、「この人と生涯を共に」と誓い合ったはずの3組に1組が離婚している世の中です。

どんなにまわりに反対される相手であっても、自分は幸せになれるかもしれません。

世間のみんなが反対していた石田純一さんと結婚した東尾理子さんもなんだかんだ幸せそうです。

なにが自分の幸せで、将来どうなるかなんて考えても分かりませんし、まわりの誰にも予測できません。

まだ見ぬ未来にフォーカスをあてるのではなく、今目の前にいる人のいいところを見つけてみれば、おのずと幸せはやってくるでしょう。

きちんと将来を考えることも、理想を持つことも、大切なことです。

もっと理想を下げて色んな人とデートをしてみろ、ということではありません。

理想ばっかり掲げていたら結婚できない、とも思いません。

ただ、自分の中で「恋愛とは」を考えすぎて頭でっかちになってしまうと、訪れているかもしれない幸せを見過ごしてしまう可能性があるということです。

年齢も結婚もまわりの声も、必要以上に気にする必要はありません。

周囲の人の小さなよさを発見できるあなたには、必ず幸せがやってきます。

焦らず安心して気長にゆっくり待ちましょう。

恋愛がめんどくさいと感じるときの対処法とは?最近では若者の恋愛離れが度々話題になっていますが、男女ともに恋愛がめんどくさいと感じている人は少なくありません。 しかし面倒だと思いな...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です