恋愛心理

受け身な男性との恋愛にイライラしてしまうあなたへ

好きな人が受け身な男性であった場合、どのようにアプローチすればいいのか悩んでしまう女性は少なくありません。

「誘ってくれない」「次の約束はいつも私から」「デートには誘ってくれるのに全く距離が縮まらない」「何でもいいよどこでもいいよばっかり」など相手の受け身度合によって悩みは異なるものの、受け身でいられると「本当は迷惑がっているのでは…?」と心配になってモヤモヤしまいますよね。

そこで今回は「受け身な男性との恋愛にイライラしてしまうあなたへ」アドバイスをお届けします

受け身=拒否ではない

相手の男性が受け身であることで悩む女性の多くは「本当は嫌なのでは?」「無理矢理付き合ってくれてるのでは?」「脈ないのかな…」と考えがちですが、男性は無駄な時間を嫌う傾向にあるため、基本的に興味のない相手に時間は割きません。

女性は「ご飯くらいなら行ってもいいか」とか「暇つぶしになるしLINE返信しとくか」といったように興味のない相手に対しても割と対応しますが、男性にはあまりその感覚がないのです。

いくら受け身であっても嫌であれば連絡も取らないし、遊びにも行かないでしょう。

自分から誘ってくれなくてもあなたからの誘いに応えてくれるのであれば、決してあなたに興味がないわけではないので落ち込む必要は全くありません。

「ぐいぐい押してくる=興味の大きさ」ということではありません。人それぞれに恋愛のスタイルがあり、あなたの気になる人は受け身スタイルであるというだけです。

発展するまでに時間がかかるかもしれませんし、あなたから働きかける必要があるシーンも多いかもしれませんが、「受け身であるから脈がない」というマイナス思考は捨て去りましょう。

誘ったら来てくれるけど自分からは誘わない男性の心理とは?デートやご飯に誘ったら来てくれるし、一緒に過ごしている時間も楽しそうにしている。でも自分からは誘ってくれない。そんな男性の真意が分からず...

自由に選択できる楽しさ

いつもあなたから連絡を送ったり、誘ったり、予定を決めたりすることは、時には大変とかめんどくさいと思うこともあるかもしれません。

しかしあなたから働きかけて物事を進めていくということは、逆にいえば全てあなたのペースや都合で進めることができるということです。

空いた時間に連絡を取ることができるし、都合のいい日を提案することができるし、行きたい場所に誘うことができます。

マイナスに捉えればマイナスになる面も、プラスに考えればプラスになるものです。

「なんで私ばっかり」と思うのではなく、「自分の好きなようにコントロールできる」とポジティブに変換してしまいましょう。

例えが正しいかは分かりませんが、いっそゲームのような感覚で楽しんでしまえばいいのです。

「連絡先ゲット→次はデートに誘ってみよう→お店も好きなとこ選んじゃお→日程はこの中から選んでね→楽しかったからまた行こう→そろそろ付き合おう」

あなたの好きなタイミングで一個一個クリアしていく楽しさを感じちゃいましょう。

相手を変えるよりも自分の捉え方を変える

受け身な男性に「もっとリードして」と要望を伝えても、彼がいきなり変わるのは難しいでしょう。

他人を変えるよりも自分の思考を変える方が100倍簡単です。

相手の男性に変わってほしいと願うのではなく、自分の受け取り方や感じ方を意識的に変えていきましょう。

そもそもあなたはなぜ受け身な男性にイライラしたりモヤモヤするのでしょうか?

男性らしくリードしてほしいから?

自分ばっかり頑張っている感じがするから?

脈がないのかもと不安になってしまうから?

全てはあなたの考え方を変えるだけで解決することができます。

男性らしくリードしてほしい→男性がリードするというのもあなたの決めつけに過ぎません。どちらがリードすべきという決まりはありません。

自分ばっかり頑張っている→連絡を取りたいし会いたいと思ったら行動するのは当たり前のことです。頑張っているのではなく、あなたがそうしたいからしているだけです。それがストレスになるのならしなければいいだけ。

脈がないのかも→相手の気持ちは相手にしか分かりません。勝手に脈なしと判断して落ち込んでいてもそれは無駄な時間かもしれません。

あなたの捉え方ひとつで悩みは勝手に解消されていくものです。

相手に求めるばかりの恋愛をしているあなたへ恋をしていると日々の生活がより楽しく華やぐ!と思っていたのに彼氏がいたらいたで悩みが尽きない…という人は意外と多いのではないでしょうか?...

アドバイス

受け身の男性に対して「男らしくない」とイライラする人がいますが、そもそも男らしいの定義も個人が勝手に決めたものです。

自分のモノサシだけで物事の良し悪しを決めつけるのは、結局は自分をも苦しめることになりかねません。

男性なら引っ張っていってほしい、ぐいぐいきてほしい、お店くらい決めてほしい、向こうから誘ってほしい、そういった願望は全てあなたの都合であり希望です。

あなたにそういった思いがあるように、相手の男性にも彼なりのペースや都合というものがあるのです。

受け身であることをマイナスの要素として捉えずに、それも彼の個性だと思ってあたたかい目で見るとともに、逆に彼の受け身さを逆手にとってあなたのペースに乗せていってしまいましょう!

「あれ?なんか好き勝手動いてたらいつの間にか付き合ってた」なんてことになるかもしれません。

連絡はくるけど誘ってこない男性の心理とは?「毎日のように連絡を取っているのにデートに誘われない」「脈ありっぽい発言をしてくるのに会おうとは言わない」など、連絡はくるけど誘ってこな...

POSTED COMMENT

  1. なつめ より:

    自分の思い通りにできる?とんでもない!受身男子と付き合いましたが、思い通りになるどころか、常に察してちゃんな男で本当に疲れました。受け身だからこそ、好奇心もないので、彼の気乗りしないデートは全く出来ませんよ。受け身男は、自分の発言に責任を持ちたくないので、嫌だという意思表示もしません。その代わりに煮え切らない態度でグジグジし、こちらから辞めようという言葉を引き出すまで、受け身な態度でい続けます。グイグイ引っ張っていくこともできません。女性に引っ張られたいという人は、穏やかな人であって、受け身とは違うんだとはっきりわかりました。

    • すあま より:

      なつめ様
      コメントありがとうございます。
      なつめ様がデートされた男性は受け身な割には自分の意思は曲げたくない面倒な頑固男だったのですね…。
      確かに一言で受け身と言っても全員が同じタイプではないので100%の男性がこう!と結論付けることはできませんよね。
      貴重な体験談をシェア頂きありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です