恋愛心理

仕事が忙しい男性との連絡において意識すべき3つのポイントとは?

日々の仕事が忙しくて女性との連絡が後回しになりがちという男性は非常に多いです。

「とにかく仕事が忙しい」「大きなプロジェクトを抱えている」「新人の教育係になった」など男性にとっては切実な理由でも、「だからなに?LINEくらい一瞬で送れるじゃん」と考える女性との間のトラブルというのは絶えないものです。

しかし、「相手の男性と上手くいきたい」「彼に好かれたい」と思うのであれば、忙しい男性の負担にならない連絡の取り方について知る必要があります。

そこで今回は「仕事が忙しい男性との連絡において意識すべき3つのポイント」についてみていきましょう。

返事は”必ずくるものである”と思わないこと

多くの女性が「既読になっているのに返事がこない」「相手からの返事が遅い」ということで悩んでいますが、これは”どちらかが連絡をしたら相手は必ず返事をするもの”という認識でいるからです。

まずは、この考え自体が押し付けであり、相手に負担を感じさせ、自分も苦しむ原因となっているということに気付きましょう。

子どもの頃から携帯電話が身近であった世代にとって、携帯を通してのコミュニケーションはごく当たり前のことであり、「メールやLINEで繋がっている=コミュニケーションが取れている」という意識を持つのも不思議なことではありません。

そして今さらその前提を覆すというのはなかなか大変であるということも分かります。

特に女性は常に誰かと他愛もないやりとりをしているということも多く、「相手に連絡をしたら返ってくるのが当たり前」と無意識的に定義している人が多いのです。

自分の中の常識を変えるのは簡単なことではありませんが、まずは「既読無視はありえない」「読んだらすぐ返すもの」という凝り固まった考えを捨て、ゆったり構えることを意識してみましょう。

個人的には送りたいときにはいつでも送っていいし、返事がきていない状態で複数回送ってもいいと思います。

ただ、自分が送った連絡に対して必ずしも返信を期待しない思考を持つことが大切です。

「連絡頻度=愛情の大きさ」という基準は持たない

学生時代から携帯電話で連絡のやりとりを重ねてきた世代は、「常に連絡を取り合っている=お互い相手のことをずっと想い合っている」という意識を持ちがちです。

時間がある学生時代であればそう考えても仕方ないかもしれませんが(もちろん学生でもそれが正しいとは言えませんが)、社会人ともなれば時間と労力を全て連絡のやりとりに注ぐわけにはいきません。

1日の大半を会社で過ごし、やらなければいけない仕事や上司からのプレッシャーを抱え、家に帰ったら寝るだけという生活を送る人も少なくなく、女性との連絡の優先順位が下がるのも当然のことであると言えるでしょう。

学生の頃のように「好きなら時間を作って連絡するはず」「どんなに忙しくても携帯を触る瞬間はあるでしょ」「既読無視するってことは私に興味がないんだ」という感覚を持っていると、相手にとっても自分にとっても負担になります。

仕事が忙しい男性も、連絡を返したくないから返さないわけではありません。返す余裕がないのです。

返したいと思っていながらも返せていない状況で女性側からのプレッシャーを感じると、申し訳なさや面倒くささから男性の気持ちは離れていく一方です。

仕事が忙しくて連絡ができない男性と上手くやっていくためには、「連絡の頻度や回数=愛情の大きさ」という自分の中での定義を捨て去ることが不可欠と言えるでしょう。

自分の価値観を相手に押し付けない

結局、相手の男性から連絡がこないことで悲しんだり苛立ったりするのは、自分の望む様になっていないからです。

すぐに返事がほしいのにこない。他愛もないやりとりをしたいのに相手はそうではない。連絡をしたら必ず返事がほしい。そういった自分の希望が叶えられていないから、落ち込んだりムカついたりするわけです。

しかし、誰ひとりとして自分と全く同じ価値観を持っている人なんて存在しません。ましてや男女の違いがあればなおさらです。

もちろん無理して全てを相手の男性に合わせる必要はありませんが、連絡に関しては女性側がもう少し柔軟な考えを持つことで、すれ違いやいざこざを格段に減らすことができます。

多くの男性にとって仕事は人生において大きな割合を占める重要なものであること、また、仕事に集中しているときは他のことに気が回らなくなること。そういった男性の特性を理解し、自分の中の価値観を考え直してみることも大切です。

「最後にメッセージを送った方からもう一度送るのはNG」「既読にしたら返事をするのが当たり前」「一週間も返事が来ないなんてありえない」「好きなら忙しくても返事するはず」など、世間でなんとなく定説になっていることが正解と思うのはやめましょう。

あなたが彼に返事を求めるように、彼も忙しさを理解してほしいと思っています。

自分の希望ばかりに注目するのではなく、相手の状況や価値観を理解できるようになると、忙しい男性に好かれる女性になれるでしょう。

アドバイス

男女間における連絡のトラブルが絶えないのは、お互いの連絡に対するスタンスが全く異なるからです。

自分の中での連絡に対する常識を見つめなおしてみることは、自分自身を楽にすることにも、男性からイイ女と思ってもらえることにも繋がります。

好きだったら連絡する。連絡を取り合う=ラブラブ。1分でも時間が空けば連絡できるはず。そういった自分の中で出来上がっている価値観を一度全て取り払ってみましょう。

連絡はお互いができるときにすればいい。常に連絡を取り合っていなくてもお互いが相手を想っていれば問題ない。そんな風に考えられるようになると、もっと恋愛は楽しくなります。

合コン後に連絡がこないのは脈なし?翌日には連絡するのが普通なの?合コンで出会って「アリ」と感じた男性と、その後個別で連絡をできるかどうかは最初の運命の分かれ道になりますよね。 やりとりをしなければ次...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です