カップル

「なんでもいいよ」と言う男性の心理とイライラしない方法とは?

「何食べたい?」「どこ行きたい?」と聞いても「なんでもいいよ」と答える彼氏。

その返答に「めんどくさいの?」「どうでもいいの?」と感じてイライラしてしまう女性は少なくないでしょう。

しかし、「なんでもいい」と言う男性の心理と接し方を理解していれば、イライラすることもなくなります。

そこで今回は「なんでもいいよと言う彼氏にイライラ!彼の心理と解決策とは?」についてみていきましょう。

「なんでもいいよ」という彼氏の心理は?

『「何食べたい?」と聞いて「なんでもいい」と言うから「じゃあラーメンにしよう」と提案すると「えーラーメン…」と嫌がられた。じゃあ最初からなんでもいいって言うな!』という男性からの不満の声はよく聞かれます。

女性の「なんでもいい」は文字通り本当になんでもいいのではなく、「(私が喜ぶものなら)なんでもいいよ」という隠れた意味があります。「私の喜ぶ提案をしてね!」「察してね!」という期待が込められているのです。

そのため、期待を持ちながらなんでもいいと言う女性と、その期待を読み取れなかった男性との間にすれ違いが起こるのです。

一方で、男性の「なんでもいい」は本当になんでもいいことがほとんどです。興味がないわけでも、投げやりなわけでもなく、本当に心からなんでもいいのです。

先ほどの食べ物の例でいうと、「(ラーメンでもパスタでもお寿司でも全部満足できるから)なんでもいいよ」ということです。

「なんでもいい」にイライラしてしまう理由とは?

なぜ彼氏の「なんでもいい」の一言にイライラしてしまうのでしょうか?

そのイライラの原因も期待にあります。

女性はいかに相手が自分のために頑張ってくれるかで愛情をはかるので、相手に多くを求める傾向にあります。

「デートのアポは積極的に取ってほしい」「デートプランを決めてほしい」「お店は調べてほしい」「奢ってほしい」「デートを楽しみにしていてほしい」「男らしく決断してほしい」などなど、私のために頑張って!私のために行動して!という期待の気持ちがあるほど、なんでもいいの一言に腹が立ってしまうのです。

相手への期待を高く持っている分、「なんでもいいってなに?ここに行こうとか積極的に提案してくれないわけ?やる気ないの?」とイライラしてしまうということです。

イライラせずに上手く付き合っていく方法は?

「なんでもいい」の一言に様々な期待と意味を乗せる女性からするとやる気がないように思えてしまうかもしれませんが、男性の「なんでもいい」にはそれ以上の意味もそれ以下の意味もありません。

そのことが分かれば、男性の「なんでもいい」に対して怒りや不満を覚えることもなくなり、「あ、そうなのね。なんでもいいのね。じゃあ決めちゃうわ」とさらっと受け入れられるようになります。

デートプランを決めてくれたから愛が大きいとか、お店を決めてくれたから楽しみにしているという証拠、ということではありません。単純にその男性の性格の問題です。

相手に「してもらおう」をいう気持ちでいるのではなく、「2人のことなんだから一緒に決めていく」という感覚をもつことができれば、イライラすることもなくなるでしょう。

アドバイス

彼氏や家族など、関係が近くなればなるほど相手に期待しないというのは難しいことです。

「彼氏なんだから」「家族なんだから」という自分の中での甘えが生じるからです。

しかし、相手に怒りを覚えるほとんどの事象は期待が原因なので、近い存在であればあるほど自分の中の期待を手放してみるということを意識すると恋愛に限らず人間関係が楽になります。

相手がなにをしてくれないかに目を向けるより、一緒になにができるかを考えた方が相手も自分も幸せになれるでしょう。

イライラ!優柔不断な男性の心理特徴と上手く付き合っていく方法とは?「なんでもいいよ」「どうしようか?」「○○がしたいようにしていいよ」など、一見優しさにも思える優柔不断な態度。 そんな男性の態度に、「...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です