カップル

彼氏が思い通りにならないとキレてしまう理由とその対処法は?

「なんで分かってくれないの!?」「普通こうするでしょ!」「どうしてこうしてくれないの!?」と彼氏が自分の望んだ通りにしてくれないことにイライラしたりキレてしまう女性は少なくありません。

彼のことが好きで、一緒にいると自分の人生がより幸せになると思っているから付き合っているはずなのに、なぜその大切な相手にイライラしてしまうのでしょうか?

そして、相手に怒りを感じたときはどう対処したらいいのでしょうか?

そこで今回は「彼氏が思い通りにならないとキレてしまう理由とその対処法は?」についてみていきましょう。

「好きならこうするはず!」という決めつけ

「なんで分かってくれないの!?」「なんでこうしてくれないの!?」と女性が不満を抱くのは、自分の中での明確な基準・正解を持っているからです。

「好きなら時間を取るはず」「好きならすぐに返事するはず」「好きなら常に連絡を取り合っていたいはず」「好きなら疲れていても会いたいはず」「好きなら愚痴も全部聞いてくれるはず」「好きならありのままの自分を受け入れてくれるはず」

このような自分の中での”好きならこうするはず方程式”を元に考えるため、その方程式から外れると「私のこと大切じゃないんだ」「冷めたのかな」「ちゃんと向き合ってくれていない」と感じるのです。

しかしこれはあくまで自分だけの基準であり、自分だけの正解。それが相手にとっても普通で正解であるとは限りません。

そこをきちんと理解しないことには、いつまでの自分の妄想で自分の首を締め続けることになってしまいます。

「本当に好きならこうするよ」「それは遊ばれてるんじゃない?」というネットでの情報や他人の意見に振り回されるのはやめましょう。

普通の感覚は十人十色。自分と1mmも違わず全ての基準や考え方が同じ人なんて存在しないのです。

相手をコントロールしようとしている

恋愛において最悪の結末といえば、別れですよね。

最初から別れを見越して付き合うという人はほとんどいないでしょう。

誰もが幸せになりたい、好きな人とずっと一緒にいたいと望んでいて、相手の心変わりや別れを恐れています。そして恐れるがあまり、相手をコントロールしようとしてしまうのです。

無意識的か意識的かは人によって異なるものの、感じている不安や恐れが大きいほど相手を縛りつけようとする感情が湧いてきます。

「別れたくない、嫌われたくない」→「いい関係でい続けなきゃ」→「そのためには理想のカップルでいなきゃ」→「理想的な関係はこういうもの」→「あなたもそういう風に行動して」というように、いわば自分自身を安心させるための関係を相手に強要していると言えるでしょう。

相手を自分の思い通りにコントロールしたところで理想的な関係な築けません。

自分の「こうしたい」「こうでありたい」という気持ちと、相手の「こうしたい」「こうでありたい」という気持ちが一致してなければ同じ方向に向いて歩いていくことはできないのです。

不安を感じるのは相手の問題ではなく自分の中の問題なので、相手を変えようとするよりもまずは自分自身を変える努力をすべきでしょう。

相手を信用していない

不安に感じる気持ちの根本は相手を信用していないからです。

「嫌われるかも」「冷められたのかも」「本気じゃないのかも」「もう別れたいと思ってるのかも」というような不安は、相手の気持ちを信じていれば感じることはありません。

もちろん相手があなたを安心させてくれるような行動や態度を取ってくれなければ、無条件に信じるというのは難しいことかもしれません。

例えば、「全く会おうとせずやっと会えたと思ったらずっと無言で携帯をいじっている」という態度を彼に取られたら相手の気持ちを疑ってしまうでしょう。

しかし、この行動だけで彼の気持ちをはかることはできません。

疲れているのかもしれないし、仕事でトラブルがあったのかもしれないし、家族の体調が悪いのかもしれないし、事情があるのかもしれません。

そこで「つまらないのかな。飽きたのかな」と落ち込むか「元気ないのかな。なにか出来ることないかな?」と思いやることができるかはあなたの考え方ひとつです。

会うたびに暴力を振るわれるとかお金を貸し続けているとか明らかにおかしい場合は現実を見るべきですが、そうでなければ必要以上に全てを不安視する必要はありません。

たくさんの異性がいるなかで惹かれあい付き合っているという奇跡と縁に自信を持ち、相手の気持ちを信じる強さを持ちましょう。

アドバイス

好きだからこそ不安に思う、という気持ちはとても分かります。

不安も恐怖も考えればキリがありませんし、物事は悪い方向にはいくらでも考えることができてしまいます。

しかし、あなたが感じている不安は自分で勝手に生み出しているものであり、全ては意識の持ち方で解決することができます。 

相手をコントロールしようとしたり、思い通りにしようとしたり、変えようとしたところで不安はなくなりません。

「なんでこうしてくれないの!?」とイライラしてしまったら、「そうか、彼はこう考えるのか」と相手のスタンスを受け入れ、自分の固定概念を崩していく姿勢が大切です。

これは彼の言いなりになるとか全てを彼に合わせるということではなく、自分の基準を押し付けないようにするということです。

今まで抱いてきた考え方や固定概念を変えるのは簡単なことではありませんが、少しずつ相手を受け入れ、何事においても冷静に自分と相手が納得できる着地点を探れるような余裕を身に着けられると、自然と二人の関係も上手くいくはずです。

彼氏にだけキレてしまう理由とは?自分を抑える方法は?「友達に怒ることはないのに相手が彼氏だと感情のコントロールができない」「彼氏とのことになるとすぐキレてしまう」という悩みを抱えている女性...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です