カップル

喧嘩した彼氏と仲直りする方法!3STEPで仲直り!

大好きな彼氏と喧嘩をしてしまったとき…イライラするし悲しいし、仕事や他のことに全く集中できなくなってしまうなんてことありますよね。

「仲直りはしたいけどどうしたらいいかわからない」「今回は彼が悪いから自分からは謝りたくない」「そのまま終わっちゃうのかな…」などと頭の中でぐるぐるぐるぐる…

そんなもやもやした時間はできるだけ早く解決したいものです。

そこで今回は「喧嘩した彼氏と仲直りする方法」についてみていきましょう。

【STEP1】求める解決方法の違いを知る

喧嘩をしたとき、女性は話し合いを求め、男性は距離を求めます。

女性が怒ったときや喧嘩をした時に、男性が話し合いを避けたがるのはこのためです。放っておいたら時間が解決してくれると考えるのです。

そんな男性の態度に女性は「仲直りする気ないの!?」と更に怒るという悪循環。どのカップルも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

まずは、この男女の考えの違いを理解することが重要です。

男性は仲直りすることを放棄しているわけではなく、仲直りをするために時間と距離を置こうとしているのです。

なぜなら、話し合うことによって喧嘩が悪化する可能性があるから。それならば、これ以上悪化しないように静かにしていよう、というのが男性の考え方です。

一方女性は、どうしてこうなったのか、どう思っているのか、どう解決するのか、全てを言葉にして一緒に解明していくことを望みます。

とことん話し合ってお互いの気持ちをぶつけて解決したい女性と、時間をおいてお互いの気持ちが落ち着くのを待ちたい男性

お互いが望む解決方法が根本的に違っているのです。

仲直りのために更に争いが生まれては本末転倒ですよね。

喧嘩の後に男性が話し合うことを避けたがるのは余計な争いを避けるためということを理解しておけば、イライラの原因をひとつ消すことができるでしょう。

喧嘩をしてしまった事実は変えられませんが、仲直りはあなた次第でスムーズにすることができるということを覚えておきましょう。

【STEP2】「謝る=愛情」の思い込みを捨て素直に!

男性は合理的な生き物なので、無駄を嫌います。

喧嘩をしている時間=嫌な思いをしている時間=無駄な時間と考えがちです。

そのため、喧嘩になると男性はすぐに謝って終わらせようとする傾向にあります。

「喧嘩したときはいつも彼が謝ってくる」という発言に対して、女友達が「○○の彼氏は○○が大好きなんだねー」などという感想を述べることがありますが、全く違います。無駄な時間を早く終わらせたいだけです。

しかし女性は「より仲直りしたい気持ちが強い方が謝るもの」と思っているため、自分から謝りたくないという人が多いのです。「謝られることによって彼の愛を感じたい」と思っているわけです。

このプライドだか意地だかよく分からない感情が、仲直りを遠ざける原因となります。

「毎回先に謝ると彼が味をしめる」とか「男性から謝らせるべき」などという根拠のない理論を鵜呑みにするのはやめましょう。

彼が先に謝ってくるのは愛情が故にではありません。面倒くさい時間を引き延ばしたくないからです。

「謝る」という行為にそんなに大きな意味を持たせる必要はありません。

仲直りしたいと思ったら謝る、それだけです。

無駄なプライドや相手の愛情をはかる駆け引きなど考えず、とにかく自分から歩み寄りましょう。

【STEP3】「喧嘩するほど仲がいい」は嘘!

女性は喧嘩をして仲直りをすると、以前より仲が深まったと感じます。

仲直りができた安心感もありますし、お互いの気持ちをきちんとぶつけることができたという満足感もあります。

しかし男性にとって喧嘩というのはただただ疲れるものです

こじらせたくないから早く謝って解決しようとしたり、距離を置こうとしたり、人によっては彼女の要求に応じて話し合ったりもしますが、思っていることはただひとつ。

「早く終われ」これだけです。

喧嘩が終わってすっきり。仲直りできてよかったーと爽やかに感じているのはあなただけです。

男性も仲直りできたこと自体にはホッとしていますが、喧嘩する前よりも気持ちが大きくなるということはほぼありません。

中には、喧嘩して仲直りしたのに男性側から別れ話をされたという女性もいます。この場合、男性は喧嘩で消耗しすぎてしまって、仲直りをしても気持ちが戻らなくなってしまったのです。

女性は喧嘩して仲直りをすると元通り。なんなら愛情が増す。

男性は喧嘩して仲直りしても、その時に感じたもやもやは忘れられない。

この違いを知っていると、喧嘩をすることが2人にとってリスクのあることだということが分かりますよね。

喧嘩をしてしまった事実を消すことはできませんが、今回の喧嘩において出来るだけ早く自分から歩み寄って仲直りをしたら、今後は喧嘩をしない方向に持っていく意識を持つことが重要です。

彼にイライラすることがあっても、怒る前に冷静に悲しさを伝えること。それだけで喧嘩に発展するのを避けることができます。

アドバイス

お互いの意見や考え、本音を伝えることは仲を深めるのには大切なことです。

しかし、その方法は喧嘩である必要はありません。

相手に改善してほしいことだったり伝えたいこと、嫌なことがあれば怒らず普通に伝える。それが1番です。

それでも喧嘩になってしまった場合は、仲直りしたいのならまず謝る。

ちなみにこの時に「ごめんね。話し合おう。」などというセリフは禁物です。彼は話し合いたくもないし、早く終わらせたいからです。

「ごめんね。もう喧嘩は終わり!焼肉いかない?」の一言で十分です。

あっさりさくっと終わらせるのが、彼の気持ちを萎えさせない1番のポイントです。

そして、仲直りをしたあとで「あ、でもあれは悲しかったな」などとちょっと寂しげに不満を伝えた方が、喧嘩の最中に一生懸命分かってもらおうとするより100倍効果的です。

喧嘩をしてしまったら、どっちから謝るとか気持ちをわかってもらおうという押し付けは忘れてください。

さっぱりと謝って、仲直りしてから寂しげに一言だけ不満を伝える。そしてすぐ笑顔。

これが愛される大人の仲直りの方法です。

彼とすれ違ってしまったときの対処法!別れか修復かはあなた次第!付き合っていれば喧嘩をすることも、すれ違ってしまうこともあります。 関係を修復できるか、お別れしてしまうのかは、あなたの対応次第で決ま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です