女性

アラサー女子の抱える悩みとは?生きづらさから解放される思考法!

友人が結婚したり出産したり、そんなまわりの環境の変化が大きくなるにつれ、自分自身の将来を想像して不安になるという女性は少なくありません。

恋愛、結婚、出産、仕事、夢…

年齢と自分の気持ちの間でどう折り合いをつければいいのか?どうするのが正解なのか?と考えすぎて答えが分からなくなり、迷走してしまうことも。

アラサーと呼ばれる年頃は特に環境的にも年齢的にもターニングポイントとなることが多く、最も悩みを抱え生きづらい年代であると思います。

そこで今回はそんな「アラサー女性が抱える悩み」についてみていきましょう。

結婚についての悩み

まず1番悩むのが結婚についてです。

「○○結婚したんだって」という話を頻繁に聞くようになり、「あなたは大丈夫なの?」と親に心配されるようになり、自分が結婚したいと思うより先に結婚しなきゃと思うようになります。

そして、「東京で妥協できずに結婚できるのは32歳まで」とか「30歳になった途端に声がかからなくなる」とかそんなどこの誰がなんのデータを根拠に言っているのかわからないような情報に不安になってしまったりします。

「結婚しなきゃという気持ち」と「結婚したいという気持ち」の境界線が自分の中でわからなくなってくるのです。

そんな自分の気持ちがわからない状態でも、「30歳前後になったら結婚」という世の中の流れによって、自分の未来図の中に自動的に結婚が組み込まれてきます。

結婚できるのか?誰と結婚するのか?結婚したら幸せになれるのか?本当に結婚したいのか?などなど結婚について思いあぐねて迷子になってしまう女性が多いのです。

まずは、「結婚を考えるべき年齢」という意識を一旦忘れてみましょう。

周囲の流れや声に抗うのはなかなか簡単なことではありません。

しかし本来結婚はすべきものではなく、この人といたいと思う相手ありきですべきものです。

あまり自分自身を型にはめこみすぎず、自然の流れに身を任せてみてはいかがでしょうか。

仕事についての悩み

30歳前後になると社会人生活にもすっかり慣れ、自分のキャリアについても考え始めます。

このまま今の会社で仕事を続けるのか、新しい環境に飛び込んでみるのか、30歳前後を区切りにと考える人は少なくありません。

「転職をするなら30歳まで」と言われることが多いのもひとつの原因でしょう。

書類審査の時点で30歳以上だと落とされることもある、と転職エージェントに勤める人が言っているのを聞いたこともありますが、実際に30歳過ぎてから転職活動がうまくいかないと言っている人には出会ったことがありません。

確かに50代60代になると働き口の選択肢は減るでしょうが、20代後半と30代前半くらいの差では大きな違いはないでしょう。

結婚と同様に、日本全体の価値観がなんとなく「30歳くらいまで」という認識を持っているため、仕事についても悩む人が多いのがこの世代なのです。

さらに結婚をすると家事との両立という課題も出てくるため、今までバリキャリ路線を歩んでいた女性もペースダウンした方がいいのかと悩み始めます。

仕事は楽しいしバリバリ働きたいけど、家庭がおろそかになったら…と悩む人も後を絶ちません。

環境や目標、夢、考えがそれぞれ異なる中で、ターニングポイントとしてこれからを考える時期であると言えます。

仕事に関しても結婚と同様、年齢という枠にとらわれすぎずに自分の気持ちを優先して考えることがベストな選択へと繋がります。

出産についての悩み

こちらは結婚や仕事とは少し違い、どうしても実質的な年齢の制限があります。

70代で出産というギネス記録もあるものの、やはり40代半ばくらいを超えるとどんどん可能性は下がってくるでしょう。

そう考えると、子どもがほしい女性にとっては出産まで10年前後の時間しかないことになります。

実際に女性たちが「○歳までに出産したいから○歳までに付き合って○歳までに結婚して○歳で妊娠する」と計算して話しているのを見て、やはりアラサー女性にとっては切実な問題であるのだと痛感しました。

しかし、結婚したからといって必ず子どもを授かれるというわけでもありませんし、こればかりは誰にもわからないことです。

子どもがほしいという人にとって、もし子どもができないとなったらその事実は受け入れがたいものでしょう。

ただ、あなたにとって幸せの形はひとつではありません。

幸せになることさえ諦めなければ、たとえ予想していた形とは違ったとしても必ず幸せは訪れます。

まだ見ぬ未来のことに対して心配しすぎるよりも、なんとかなる精神で構えていた方が案外幸せはすぐに掴めるかもしれません。

アドバイス

結局は年齢に縛られてしまっていることに原因があります。

日本人は特に年齢を気にしすぎる傾向にあります。

30歳過ぎて未婚は行き遅れだとか、40代でミニスカートは痛いだとか、50代でビキニなんて恥ずかしすぎるとか、仮に海外では普通のことでも、日本では年齢で制限をかけてしまうのです。

その感覚が女性を苦しめる原因となっています。

出産に関しては実質的な年齢の制限はあるものの、結婚も夢の実現も趣味もその気があれば年齢なんて関係ありません。

それを「何歳なのに…」とか「何歳にもなって…」という思考の呪縛によって自分自身を閉じ込めてしまうことはなんとももったいないことです。

結婚がしたいと思ったときにする。やりたいことがあるなら挑戦してみる。

人生一度きりとはよく言いますが、本当にそう思って自分の気持ちに忠実に生きている人は少ないように思います。

もっと自分の気持ちに正直になっていいのです。

気持ちのままに進みましょう。

「結婚適齢期」という定義の不自然さについてアラサーになると、世の中ではいわゆる「結婚適齢期」であると言われるようになります。 実際に多くの人が20代後半~30代前半に結婚をして...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です