恋愛心理

経営者はチャラい?遊び人と言われる理由と選ばれる女性とは?

経営者に対して「チャラい」「お金持ち」「自由人」「モテそう」「女優と結婚する人」などなど、どちらかというと自由奔放で遊び人というイメージを持っている女性は少なくありません。

そのため気になる相手や言い寄られている男性が経営者である場合、関係を発展させるのに二の足を踏んでしまうという人も。

そこで今回は「経営者はチャラい?遊び人と言われる理由と選ばれる女性とは?」についてみていきましょう。

なぜ経営者はチャラいと言われるのか?

そもそもなぜ「経営者=遊び人」のイメージを持つ人が多いのでしょうか?

その答えは、会社員よりも時間とお金を自由に使えることが多いからです。

出社時間や休日などのスケジュールを自分の采配で決めやすく、食事代や旅行代なども経費で落とすことも多いため、時間とお金に対して普通の人よりも余裕があるように見えるのです。

時間とお金が使えると、落とせる女性の数がグンと多くなるのは事実です。「お金で人の心は買えない」とはよく言われますが、いくら女性側が反論しようとも多くの女性の心はお金で買えるのが現実です。

それに加えて、女性はマメな連絡を愛情をとらえがちなため、時間問わず連絡を取れることも多くの女性の気持ちを掴む大きな理由となります。

つまり、女性に割くことができるお金と時間が多ければ多いほど、たくさんの女性に好かれ遊ぶことができます。

そのため、サラリーマンよりも時間とお金に融通が利く(イメージのある)経営者が、多くの女性と遊んでいるチャラい印象を抱かれるわけです。

経営者の男性に共通する特徴とは?

特に8割が雇用されている側である日本人にとって、自分で会社を経営することを決めるのはなかなか高いハードルとなります。経営者である時点で、普通の人とは少し思考が違う人が多いのです。(2代目社長や雇われ社長はこの限りではないかもしれませんが)

そんな一般人には理解しがたい思考や行動も、遊び人と言われるゆえんのひとつであると言えるでしょう。

そこでここでは、経営者の男性に共通する特徴についてみていきます。

自分の欲に忠実

経営者は、自分の欲に忠実です。

「したいことを、したいときに、したい人としたい」という考えを持つため、恋愛に関しても直球な人が多い傾向にあります。

出会ってすぐに口説かれたり、好意をストレートにぶつけてくることに「遊ばれてるのかも?」と戸惑う女性も多いですが、そういったことも自分の欲に忠実であるからこその行動なのです。

レスポンスが早い

忙しいイメージの強い経営者ですが、基本的にレスポンスは早いです。

事業においても常に瞬時の判断を求められすぐにYES・NOのジャッジをすることが当たり前になっているので、プライベートに関しても「その日は行ける」とか「調節してみる」などとすぐに結論を出せることが多いのです。

一方で性格によって仕事に集中しすぎるあまりプライベートの連絡は疎かになるという男性も多いためレスポンスの早い遅いで脈をはかったり落ち込む必要はありませんが、相対的に早い人が多い傾向にあります。

好き嫌いがはっきりしている

自分の欲に忠実という点と通じるところがありますが、好き嫌いがはっきりしていてその場の空気や人の意見に合わせないという人も多いです。

したいことだけしたい、やりたくないことはやりたくない、という意思がはっきりとしているため、相手の反応を「迷惑なのかな?」「会いたくないのかな?」などとネガティブに感じてしまう女性もいますが、単純にそのことに関しては興味がないというだけということがほとんどです。

そもそも好き嫌いがはっきりしているため、興味のない女性と連絡を取ることもしませんので、連絡が続いているのであれば深く考えすぎる必要はないでしょう。

経営者に選ばれる女性とは?

最後に、経営者の男性に好かれる・選ばれる女性の特徴を挙げていきます。

自分を持っている

経営者の男性は、仕事・プライベート問わず自分の意思や考えを持って人生を生きている人が好きです。

そのため、「なんとなく」「みんなそうだし」という判断基準でただ淡々と日々を生きているような女性には惹かれません。

意思決定をする場面においてしっかりと自分の意思を持てる女性でなければ経営者の男性に選ばれるのは難しいでしょう。

これは自分の意見を押し通すとかわがままを言うということではなく、「なぜ自分はそうしたいのか?」という背景を自分自身でしっかり理解をしているかどうかということです。

好奇心が旺盛

会うたびに新しいことに挑戦しているとか、前回会ったときから常に話題がアップデートされているとか、色々なことに興味を持つ好奇心旺盛な女性も経営者男性が好むタイプです。

「最近特になにもない」「毎日変わりばえしない」といったような何の進歩・変化もない女性だと一緒にいて楽しいとは思ってもらえません。

特に経営者の男性は自分の欲や楽しいと思うことにまっしぐらに突き進む人が多いため、相手の女性にも刺激を求めがちなのです。

「最近英語の勉強を始めた」とか「最近料理を頑張っている」とかそういった日常のちょっとした挑戦でも充分。なにかに興味を持って生きているという姿勢が大事です。

トークが上手

いわゆる女性らしい話を聞いて静かにニコニコ笑っているような人よりも、ツッコミができたりするトークの上手な女性の方が経営者にはモテます。同等の立場で話せるような女性の方が話していて楽しいからです。

「多くの女性にモテているだろうし…」といい自分を見せようと演じるのではなく、あっけらかんと素で話していた方が好感度が高かったりするものです。

必要以上に自分を取り繕いすぎずに、思ったことをそのまま伝えるくらいがちょうどいいかもしれません。

アドバイス

世間的に「経営者の男性=遊び人」というイメージを持たれがちですが、お金と時間があれば多くの女性と遊ぶ機会が多くなるのは経営者に限ったことではありません。

普通の人よりも自分の欲求に忠実なため誤解もされがちですが、経営者だからと必要以上に警戒する必要はないでしょう。

気になる男性が経営者なのであれば、ぜひ”選ばれる女性の特徴”を参考にアプローチしてみてください!

忙しい経営者の彼氏とうまく付き合っていくには?経営者彼女の極意!「経営者と付き合う=デートはいつも高級店」というようなリッチでいいイメージを描く女性が多いですが、実際に経営者と付き合うというのはそんな...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です