カップル

彼氏の過去に嫉妬してしまうときの対処法とは?

今までどんな風に恋愛してきたんだろう…

ここ来たことあるって誰と来たんだろう…

元カノに嫉妬してしまう…

過去は過去だと分かっていてもやっぱり嫌だし嫉妬してしまうという気持ちはよく分かります。

今回はそんな嫉妬で苦しんでいるあなたへ「彼氏の過去に嫉妬してしまうときの対処法」についてみていきましょう。

過去があってこその今だと考える

誰にでも過去はあります。

昨日までの過去の積み重ねで今、生きているのです。

彼氏が今あなたと一緒にいるのも、彼の今までの過去があるからです。

「昔の恋愛の話なんて聞きたくない。」「どんなことがあったかなんて知りたくない。」と思うかもしれませんが、過去に恋愛をして失敗したり喜びを感じたりして恋愛経験値は上がっていくものです。

例えば彼が誰とも恋愛をしたことがなく、人を好きになる気持ちがいまいち分からないという状態だったとしたら、あなたと彼は惹かれあって付き合っていないかもしれません。

「この人全然女心分からないじゃん。無理なんだけど。」と思っていたかもしれません。

あなたは過去の積み重ねによって形成された今の彼に惹かれたのです。

どれかひとつでも経験したことが変わっていたら、全く違う考え方や性格だったかもしれません。

過去に経験したこと、見てきたもの、感じたこと、そのひとつひとつが彼の大切な一部となっています。

そんな彼のパーツに嫉妬をするということ自体、無意味なことです。

相手の過去であなたの気持ちが変わるのか?

付き合った人数が多い。

婚姻歴がある。

子どもがいる。

元カノと付き合っていた期間が長かった。

今まで全員美人と付き合ってきた。

忘れられない人がいるみたい。

とにかく他の人と恋愛していた事実自体がいや。

彼の過去に嫉妬してしまう原因は人それぞれではあると思いますが、重要なのは相手の過去によってあなたの気持ちが変わるのか?ということです。

例えば、「絶対に婚姻歴がある人」は無理と言う人もいれば、「婚姻歴は気にしないけど子持ちは無理」という人もいます。

彼氏に婚姻歴があってそれに対して嫉妬してしまう場合、その事実を心からあなたが受け入れられないのであれば、たとえ今は耐えられたとしてもいつか必ず爆発します。

まずは彼氏の過去について、あなたの心が受け入れられる範囲を知ることです。

万が一「過去に恋愛してきた事実自体に嫉妬!元カノ全員爆発しろ!」と思っているのであれば恋愛経験ゼロの男性を探した方がいいでしょう。

しかしその男性にあなたが惹かれるのかは別の話です。

今あなたが好きな人に過去があるのは当たり前のこと。

その好きな人とずっと一緒にいたいのであれば、過去はあるという事実を踏まえたうえで、どこまで自分の気持ちが変わらないのかを一度考えてみましょう。

考えても過去が変わるわけではない!

時間を戻すことはできないし、過去を消すことはできません。

いくらあなたが彼の過去に嫉妬しようが、事実が変わらない以上、その悩んでいる時間と労力は無駄以外のなにものでもありません。

「そんなこと分かってるけど気になるものは気になる」「考えても無駄で済むならこんなに悩まない」と思うでしょうが、結局悩んだり落ち込んだりすることは全て自分がそう選択しているだけです。

あなたが勝手に彼の過去を探り、勝手に嫉妬して、勝手に落ち込んだり彼を困らせているだけです。

感情のコントロールが難しいのは、私も元こじらせ自爆系女子としては誰よりも分かっています。

しかし、どんなに難しくてもあなたを幸せな気持ちに持って行けるのはあなたしかいないのです。

あなたが今好きな彼は、過去があるからこその彼だということを受け入れること。

そしてその過去を受け入れられる心を作るには、過去を考えても仕方がないという寛大さを鍛えることが重要です。

アドバイス

過去にどんな人が好きだったのか、

どんな恋愛をしてきたのか、

自分には見せていない面を見せていたのではないか…

彼の過去を気にしたらキリがありません。

気にしようとしたらどこまでも気にすることができてしまいます。

しかし、気持ちは訓練次第でコントロールすることが可能です。

最初は難しくても、結局自分の気分は自分でどうにかするしかないのです。

過去を気にしたところでどうにかなるわけではない!と開き直ることも、自分自身を幸せへ導くための重要なポイントです。

彼氏のSNS監視をやめたい!見たくないのに見てしまうあなたへSNSは更新してるのに連絡がこない。 アップした写真に女性が写っていて不安。 友人のコメントから知らなかった事実を知ってしまった。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です