出会い

結局合コンでいい出会いはあるの?カップル成立の確率は?

出会いを求める方法としてに真っ先に浮かぶのが「合コン」ではないでしょうか?

出会いの手段として1番メジャーとも言える合コンですが、「合コンにいい人はこない」「何回も参加したことあるけど実際に付き合ったことはない」という話はよく聞きます。

そこで今回は「結局合コンでいい出会いはあるのか?」についてみていきましょう。

効率は悪く、確率は低い

出会いの手段の王道である合コンですが、効率性は悪いと言わざるを得ません。

一般的に2~3時間の会で、出会える人は3、4人。中には大人数の合コンもあるものの、限られた時間できちんと話ができる人の数は限られているでしょう。

更には多くの時間は表面上の自己紹介に費やされ、男女ともに相手の深くまで踏み込んで話ができることはほとんどありません。

見た目が好みとか、共通の趣味があるとか、ちょっと話した感じがすごく楽しかったとかいう特別に惹かれるポイントがなければ、その場でそれなりに楽しく表面上の会話をして解散、というパターンになるのがオチです。

実際に、現在の交際相手や結婚相手と出会った場所ランキングで合コンは6位で10%以下となっています。

1位 同じ職場や仕事関係

2位 友人・知人の紹介

3位 同じ学校

4位 インターネット・アプリ

5位 同じサークルや部活

6位 合コン

このランキングをみても分かるように、合コンからお付き合いや結婚に発展する確率はなかなか低めだと言えそうです。

都内では結婚に至った例も少なくない

ただし、合コンには絶対にいい出会いがないかと言うと必ずしもそうではありません。

全国的なランキングでは低い位置にいるものの、都内在住の私のまわりでは合コンからお付き合いや結婚をした人の比率が高いです。

というのも地方や限られたコミュニティーで生活をしている人にとってはそもそもの出会いの手段が限られているでしょうし、学生時代からの恋人と早くに結婚したり、友人知人の紹介で出会うことが多い傾向にあります。

一方都内などの都心では、地方に比べてどうしても人との関係性が希薄になりがちなため、紹介のネットワークもそこまで広くありません。

そのため、都心になればなるほど合コンやインターネット、アプリなどで出会う比率が高くなるのです。

合コンのメリット・デメリット

そんないい面も悪い面もある合コンですが、最後にメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット

男女ともに出会いを求めて参加するため、関係が発展しやすい

出会いの場のランキングとして上位にある職場や学校は仕事や勉強のために行く場所であるため、気になる相手の恋人の有無や相手が出会いを求めているかは探らなければ分かりません。その点、合コンに参加する人は確実に出会いを求めているため恋愛関係に発展させやすいと言えます。

参加者に目当ての人がいなかったとしても、他の合コンを開催してもらうための人脈作りになる

合コンに参加していれば、中には「席について参加者を一目見てがっかり」ということもあるでしょう。しかし、ここでやる気スイッチを切ってはいけません。相手の人たちは恋人候補にはならなかったとしても、出会いを提供してくれる人になるかもしれないのです。

自ら積極的に動かなくても、参加するだけで出会いのチャンスはある

例えばインターネットやアプリは、いいねをしたりメッセージのやりとりをしたり自ら動く必要がありますし、友人や知人の紹介にしても「紹介して」と頼む必要があるかもしれません。しかし、合コンはただ参加すれば目の前に出会い(になるかもしれない)のきっかけが転がっているため、出会いまでの労力を抑えることができます。

デメリット

1回に出会える人の数が少なく、効率が悪い

合コンを頻繁に開催してとしても1回に数時間で出会えるのは数人。さらにそこから関係を発展させたいと感じる相手に出会う確率はなかなか低いです。効率性で考えると、紹介やインターネットなどに比べるとがくんと下がるでしょう。

恋人や配偶者の有無の確認が取りづらい

職場や同じ学校などの人であれば、相手に恋人や配偶者がいるかどうかは簡単に知ることができます。共通の知り合いもいるでしょうし、同じコミュニティー内であれば嘘をつくリスクもあります。しかし合コンは、一緒に参加している人さえ黙っていれば恋人や配偶者の有無を隠すこともできます。彼女持ちや既婚者が紛れていることも多いため、充分注意しましょう。

費用がかかる

毎回男性が奢りの合コンに参加していれば費用はかかりませんが、この不景気ではなかなかそうもいきません。男性が多めに払ってくれたとしても、女性も1回につき数千円払うことが多く、そうなると合コンに参加すればするほど費用の負担も大きくなります。

アドバイス

合コンは出会いのツールとして王道でありつつも、意外とカップル成立の確率は低かったりと難しい一面もあります。

しかし出会いを求めているのであれば、何もしないよりも合コンに足を運んだ方がはるかに彼氏ができる可能性は高くなります。

「何回合コンに行ってもいい人がいない」「合コンで彼氏ができた話を聞かない」とマイナスのイメージを持っていたとしても、行き続けることで新しい収穫があるかもしれません。

合コンのメリット・デメリットをふまえた上で、有効に活用していきましょう。

合コンで嫌われる女性の言動とは?男性にドン引きされる行動3選「誰にも連絡先を聞かれなかった…」「またいい出会いがなかった…」と合コンに行っては落胆しているそこのあなた。 もしかしたら出会いに繋が...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です